読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性病クラミジア・知識と予防

「性病」とはセックス、キス、オーラルセックスなどの性行為によって移る病気です。STDとも呼ばれています。性病といえば、衛生観念が薄い若者中心に多いイメージがありますが、最近は三十代以降の中高年に増えてきました。

 

それのほとんどは風俗などからうつされて、そして、性病の自覚症状が少なく、知らぬままパートナーへうつしてしまうケースが多いです。

 

クラミジアとは、クラミジアトラコマティスと言われる病原菌によって感染する性病の一つです。10~20代に感染が多く日本国内の感染者数は100万人を超えると言われています。

クラミジアが主に感染するのは尿道で、症状は膿のような分泌物、排尿時の傷み、軽い発熱どあります。

 

性病の種類と治療薬参考サイト:https://jpdrug.com/guide/std-base

 

ジスロマックで治療できる:

ジスロマックは、アジスロマイシン水和物を主成分とする抗生物質で、クラミジアや淋病などの感染症を治療する医薬品です。 症状は数日~1週間位で完治しますが、菌が残っていた場合は耐性を持った菌で再発し、症状が更に悪化する事もありますので、症状が治まった後も1週間程度の服用をオススメします。

 

主に性感染症であるクラミジアや淋菌、マイコプラズマに処方される効果の高い医薬品で、アレルギー症状が起きる事が少ない点が特徴です。

 

また抗菌作用以外にも抗炎症作用があることから応用され、気管支拡張症や慢性の副鼻腔炎や滲出性の中耳炎など耳鼻科領域で応用され使用することがあります。

 

ジスロマックは体内に入ってから胃の中にある胃酸の影響を受けにくいとされ、原因となる細菌にアジスロマイシン水和物を高濃度で作用させることができ、体内への吸収も良いとされています。

 

もっと知りたいなら:ジスロマック薬通販|感染症治療